坂戸市、東松山市、鶴ヶ島市の司法書士「中島法務司法書士事務所」

登記・法律の無料相談 受付時間9:00~19:00(平日) 049-299-7960

  • HOME
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 相談の流れ
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ

抵当権設定・抹消登記 

抵当権

抵当権とは、担保に入れた土地、建物を所有者が使用する替わりに、借りたお金を返さなければ、貸した側が土地や建物を売ったものから優先してお金を返してもらえるという権利を言います。

土地や建物を担保に入れる場合、所有者とお金を貸した側が法務局で「抵当権の設定」を申請することになります。また、抵当権設定の登記をした後、借りたお金を返し終われば、債権は消滅します。しかし、抵当権抹消登記をしなければ、登記上は抵当権がいつまでも残ってしまいます。

抵当権抹消登記

抵当権抹消登記とは、抵当権を抹消するための手続きです。実は、お金を返し終わったとしても、抵当権は自動的には消えません。登記手続きをして、ようやく抹消されるものです。

住宅ローンの完済等、借入金を全額返済されたら抵当権抹消登記を必ずしましょう。

抵当権抹消登記を忘れると

登記をせずに放置すると、
 

1.そのままでは不動産のご売却や不動産担保を利用しての新規の借入れができません。

2.金融機関から手渡される書類(資格証明書と呼ばれるもの)には3か月の有効期限があります。これを過ぎると、新たに取得しなければなりません(取得費用がかかります)。

3.そのまま放置していると、万が一、不動産の所有者が亡くなってしまい相続が発生した時に、後でご遺族の方が抵当権抹消登記をすることになり、手続きが面倒になります。

ローンが終わったら、抵当権抹消登記は早めに済ませましょう。

 

手続の流れ

1.登記記録の確認、金融機関から渡された書類の確認をします。

 

2.当事務所で抹消登記の申請書類一式を作成します。

 

3.法務局へ申請します。

 

4.登記完了後、法務局で書類を回収し登記簿謄本(登記事項証明書)を取得して、抵当権が抹消されていることを確認します。

 

当事務所に依頼される場合のメリット

煩わしい手続きは一切不要です。依頼のご連絡・書類の郵送等だけです(法務局に行く必要はありません)。

専門の司法書士が書類作成から申請・回収、さらにご本人様の確認まですべて行いますので安心です。

ご利用しやすい価格設定で、経済的負担が少なくて済みます。

 

抵当権設定登記とは

抵当権設定登記とは、公庫・銀行等の金融機関から不動産を担保にして融資を受ける場合に必要となる登記です。事業資金や住宅ローンの借入れ・借換えをする場合に、金融機関から求められます。

必要書類

以下に抵当権設定登記に必要となる書類を記載してあります。

抵当権設定登記の必要書類は以下のとおりです。

 

登記原因証明情報(又は抵当権設定契約証書)

印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)

実印

権利証(又は登記識別情報)

司法書士への委任状

 

※個別の事案で、これ以外の書類が必要になる場合もあります。

「不動産登記」の詳しいコンテンツはこちら


IMG_8143.JPGのサムネール画像
  不動産登記
不動産登記の種類
不動産登記に関するQ&A
所有権保存、移転
表示登記
抵当権の設定、抹消

不動産の境界問題
相続不動産の売却

未登記

住宅ローン借換
債権・動産譲渡
農地転用
開発行為許可申請


 

坂戸市、東松山市、鶴ヶ島市の法律相談は私たちお任せ下さい!

Bnr3_2.jpg

ホーム

事務所案内

相談の流れ

サービス料金

アクセス

お客様の声


ご相談予約はこちらから 049-299-7960 受付時間 9:00~19:00(平日)お気に入りに追加する
Access Map

対応エリア
坂戸市 | 鶴ヶ島市 | 東松山市 
狭山市 | ときがわ町 | 日高市 
越生町 | 鳩山町 | 川島町 
毛呂山町 |
坂戸 相続遺言相談サポート
坂戸・鶴ヶ島債務整理サポート 坂戸・鶴ヶ島の「中島法務司法書士事務所」

Facebookページも宣伝 Google+
 
Copyright (C) 2015 坂戸市の司法書士「中島法務司法書士事務所」 All Rights Reserved.