坂戸市、東松山市、鶴ヶ島市の司法書士「中島法務司法書士事務所」

登記・法律の無料相談 受付時間9:00~19:00(平日) 049-299-7960

  • HOME
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 相談の流れ
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ

通常訴訟

通常訴訟とは

相手方が支払いに応じない場合、裁判所に訴えを提起して回収を図る、という方法が考えられます。訴えを提起すると、相手方には裁判所からの文書が届くことになり、心理的な圧力になります。相手方が訴訟されている状態を嫌がって、訴訟提起の後に和解できる場合もあります。

また、裁判で勝訴した場合には、その後に強制執行手続き(財産の差し押さえ)をとることも出来ます。
未収金の存在が確認された場合、時効が中断されます。消滅時効は判決が確定してから10年となります。

消滅時効にかかりそうな未収金について、訴えを提起して時効を中断するのも一つの方法です。
ただし、訴訟には、他の回収手段と比べ、時間と費用がかかる点は注意が必要です。

 

どのような場合に訴訟すべきか

訴訟を起こした場合、その後に判決に基づいて強制執行をすることもできますが、実際には強制執行で回収できたというケースはあまり多くありません。

なぜなら、訴訟で勝訴判決を得ても、相手方に支払う余裕がない場合は、強制執行しても相手方に資産がないことが多いからです。
そのため、強制執行によって回収できるのは、相手方の支払能力が十分にある場合(資産がある場合)などに限られます。

このような点を考慮すれば、訴えを提起するかどうかは、おおむね次のような場合を目安として決めるとよいと思います。

 

1)相手方に支払う能力がない場合(資産や収入がない場合)

強制執行による回収は期待できません。

したがって、判決によって回収をすることはまず不可能です。

 

2)相手方に支払能力はあるが、未収金の存在を争っている場合

未収金の存在を裁判上で立証できるかどうかが一つの争点になります。

立証できそうにない場合でも、相手方とのこれまでの交渉経過から和解ができそうかどうかも考慮すべきです。

 

3)請求額が小さい場合

請求額が小さければ、わざわざ弁護士に依頼するというのはコスト倒れになってしまいます。

 

こういった場合は、自分でできる調停の申し立てや支払督促の申し立てを試みるというのも一つの方法です。

 

訴訟は時間がかかる点や、コスト面も重要な判断基準となります。
したがって、専門家によく相談して対応を決めることをおすすめします。

 

未収金回収の実績が豊富な当事務所では、訴訟に関するご相談も承っております。

 

お気軽にご相談ください!

「債務整理」の詳しいコンテンツはこちら

IMG_8143.JPGのサムネール画像 債権回収
・内容証明
・支払督促
・小額訴訟
・強制執行
・通常訴訟

 

坂戸市、東松山市、鶴ヶ島市の法律相談は私たちお任せ下さい!

Bnr3_2.jpg

ホーム

事務所案内

相談の流れ

サービス料金

アクセス

お客様の声


ご相談予約はこちらから 049-299-7960 受付時間 9:00~19:00(平日)お気に入りに追加する
Access Map

対応エリア
坂戸市 | 鶴ヶ島市 | 東松山市 
狭山市 | ときがわ町 | 日高市 
越生町 | 鳩山町 | 川島町 
毛呂山町 |
坂戸 相続遺言相談サポート
坂戸・鶴ヶ島債務整理サポート 坂戸・鶴ヶ島の「中島法務司法書士事務所」

Facebookページも宣伝 Google+
 
Copyright (C) 2015 坂戸市の司法書士「中島法務司法書士事務所」 All Rights Reserved.