坂戸市、東松山市、鶴ヶ島市の司法書士「中島法務司法書士事務所」

登記・法律の無料相談 受付時間9:00~19:00(平日) 049-299-7960

  • HOME
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 相談の流れ
  • サービス料金
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問合せ

相続方法の決定(単純承認・限定承認・相続放棄)

被相続人が亡くなった後、相続が発生します。被相続人が残したプラスの財産もマイナスの財産も全て相続することを「単純承認」といいます。相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐことになります。

 

相続が開始されたからといって、誰もが喜んで被相続人の財産を相続するとは限りません。


1.相続財産といっても借金の方が多い、2.相続財産をもらわなくても生活できるし、それより相続争いに巻き込まれたくない、3.長男に店を継がせる、4.次男に農家を任せなければならない、などという場合には、相続を選択せずに「相続放棄」をするケースも考えられるでしょう。相続放棄の必要手続きや流れに関してなど詳細は「相続放棄とは」をご覧下さい。

 

また、プラスの財産とマイナスの財産が両方あり、よく調べてみないと、どちらが多いのか分からない場合があります。このような場合に、プラス財産の限度でマイナス財産の相続もする、つまり、債務のうち相続財産を超える部分の返済義務を引き継がない方法があります。

これは「限定承認」という手続きです。法律には規定されていますが、実務上はあまり利用されない手続きです。

限定承認の条件など詳細は「限定承認と単純承認」をご覧下さい。

 

3ヶ月の熟慮期間とは

相続人にとって相続開始から3ヶ月間のことを「熟慮期間」と言います。この間に被相続人が残した相続財産をどのように引き継ぐかどうかを考えます。被相続人が亡くなった後、財産を相続するかどうか、落ち着いて考える時間が必要なので、この期間が設けられています。

 

この3か月の間に、プラスの相続財産・マイナスの相続財産がそれぞれどの程度あるのか、財産の調査をする必要があります。財産を把握した後に、「単純承認」「限定承認」「相続放棄」、いずれかを選ぶことになります。

 

財産調査に時間がかかってしまい、3ヶ月を過ぎてしまうこともあり得ます。特に、マイナスの財産を調査するのは大変で、時間がかかります。このような場合には、家庭裁判所に期間伸長を求めることが出来ます。

 

3ヶ月を超えてしまったら相続放棄は申述できない?

相続放棄をする場合には、「自分が相続人であることを知ったとき」から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述をします。なお、「被相続人が死亡して」からではありませんので注意が必要です。      

 

期間の伸長を行っていた場合を除いて、3ヶ月の熟慮期間を超えた相続放棄は申述を行っても、家庭裁判所から認められることは、基本的にはありません。

しかし、そのようなケースでも、よく事情を聴き、物的証拠を収集し、綿密に練った相続放棄申述書を作成することによって、3ヶ月期限超えの相続放棄の申述も、受理される可能性があります。

 

3ヶ月の期限を超えた相続放棄も諦めずにご相談下さい。

 

3ヵ月後の相続放棄 相談事例

【依頼前の事実関係】(プライバシーに配慮し、事実を少し変えています)

 

父が6か月前に亡くなり、母もすでに他界。相続人は兄と私と妹の3人。父にはこれといって資産も借金もない(と思っていた)。

父の葬儀から6か月経ったある日、金融機関から私宛に、突然に内容証明郵便が届いた。

 

内容は、兄の住宅ローンの支払が滞っていて、亡父がその連帯保証人なっていたので、その連帯保証債務を相続人である私たちに支払えというもの。

住宅ローンの残債はおよそ500万円。

 

相続放棄という手続きも考えたが、父が亡くなった時に、葬式も手伝ったりしているので、『亡くなったことを知らないとはいえない』とも思える。

 

請求通り支払っていかなくてはならないだろうか?

 

【問題点】

・亡父の住宅ローンの連帯保証債務は相続人らが支払わなければならなくなる。支払えないのなら、自己破産申立をする必要が出てきた。

 

・相続放棄で処理をするのであれば、被相続人が亡くなったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に申述しないといけない。今回、亡くなったことを知ってから3か月以上が経っているが、現在でも相続放棄の手続きがとれるのか?

 

【提案】

・確かにお父さんが亡くなったことを知った日からは、6か月経過しているので相続放棄は難しいと思われるが、①亡くなった時には、兄の住宅ローンの連帯保証人に父親がなっているとは思わなかった。

 

②お父さんに「連帯保証債務」があった事を知ったのは、銀行から内容証明が届いた日であるので、届いた日から3か月以内に相続放棄の手続きをする。

 

【実行&結果】

提案通りに、家庭裁判所に上記の論点での申述書を作成し、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを何回かして、無事に受理されました。

そして、それを債権者である銀行へ送付するところまでお手伝いいたしました。

 

この結果、自己破産することもなく、500万円の借金も放棄することができました。

「相続」の詳しいコンテンツはこちら

IMG_8143.JPGのサムネール画像

円満相続
相続の基礎知識
・相続手続きについて

・預貯金の名義変更手続き

・相続方法の決定

・遺産分割協議


 

坂戸市、東松山市、鶴ヶ島市の法律相談は私たちお任せ下さい!

Bnr3_2.jpg

ホーム

事務所案内

相談の流れ

サービス料金

アクセス

お客様の声


ご相談予約はこちらから 049-299-7960 受付時間 9:00~19:00(平日)お気に入りに追加する
Access Map

対応エリア
坂戸市 | 鶴ヶ島市 | 東松山市 
狭山市 | ときがわ町 | 日高市 
越生町 | 鳩山町 | 川島町 
毛呂山町 |
坂戸 相続遺言相談サポート
坂戸・鶴ヶ島債務整理サポート 坂戸・鶴ヶ島の「中島法務司法書士事務所」

Facebookページも宣伝 Google+
 
Copyright (C) 2015 坂戸市の司法書士「中島法務司法書士事務所」 All Rights Reserved.